妊活や妊娠には葉酸サプリを使って栄養バランスを考えよう

男性医師

赤ちゃんの体を作る成分

栄養補助食品

月経や妊娠の貧血に効くのが葉酸です。1日に必要なのは240μg(マイクログラム)と、結構少ない量です。しかしその量を摂取するには、ほうれん草で4株分となります。しかも加熱に弱い上に水溶性なので調理に注意する必要があります。妊婦さんの場合には、その倍の480μgが必要です。単純計算だと8株分ですが、調理方法によってはそれ以上に必要になります。結構な量になるので、每日摂取を続けるのは難しいでしょう。さらに妊娠中にはつわりなどで食べ物を受け付けない人もいます。早い段階から葉酸サプリで摂ることに体をならしておく方が安心です。月経のある女性にとって貧血を起こすことは結構あるものです。鉄分不足になると、血色が悪くなったり、立ちくらみや疲労感を感じたりしやすくなります。血が足りていないと、ひどい時には倒れることもあり危険です。造血効果の高い葉酸サプリを取り入れて、普段からバランスよく食事を摂りましょう。妊婦さんは、妊娠期間の月経は止まっていますが、胎盤を通して栄養を運ぶのは血です。2人分の血を作るため、必須の葉酸量も倍に増えるのです。葉酸が足りないと、自身の貧血だけなく、赤ちゃんの成長や育成にも影響が出ます。しかし摂り過ぎてもよくないので、バランスよく摂取ができる葉酸サプリがオススメなのです。葉酸サプリには他にも赤ちゃんや女性にとって必要な成分を配合したサプリが多く、食事が思うように取れない場合にもサポートをしてくれます。

不妊問題に向き合う

頭を抱える男性

妊活は女性だけの問題ではありません。男性不妊が原因で子供が出来ない場合もあります。パートナーとお互い話をし、子供を作ろうと考えているのであれば、早めに生活習慣や問題を見直しましょう。

View Detail

女医さんのいる病院

先生

大阪の産婦人科では女性医師が対応してくれる産婦人科が多くあります。卵子や性交渉の話となると男性には言い難い悩みですね。女性医師が親身に相談を聞いてくれる病院なら安心です。

View Detail

マザマローの有効性

医者

アクティブライフの販売しているマザマローは妊娠中のお母さんの体や、赤ちゃんの体の形成に必要な成分を配合しています。その中でも亜鉛、マグネシウム、カルシウム、鉄の4つを高配合していることで知られています。

View Detail